株式会社ゆらぎの

加齢臭はどこから?原因を知って対策しよう

汗をかいたときや、近距離で人と話すときに「加齢臭」が気になる方も多いでしょう。毎日入浴時に石鹸を使用していても生じるにおい…自分も周りも気になる加齢臭は、全身のどこからにおうのか、原因は何なのか、解説いたします。

「加齢臭」はどんなにおい?どこからにおう?

「加齢臭」はどんなにおい?どこからにおう?

耳にすることも多い「加齢臭」とは、中高年特有の“におい”です。脂におい、チーズやロウのにおいなどと捉えられていますが、汗やたばこなどのにおいが混ざることで加齢臭を強くしている場合もあるため、一概には言えません。

加齢臭は主に頭皮や耳の周り、首の後ろ、胸元、背中、両脇などからにおうことが多いです。特に頭部は皮脂の分泌量が多いためにおいやすく、耳の後ろは入浴時の洗い残しにより、石鹸を使っていてもにおいが認識されやすいです。

このように、加齢臭には皮脂が関係しているため、きちんとしたケアが必要になります。

加齢臭の原因について

一般的に加齢臭は40代以降の男性・女性関係なく発生するものです。人間は年齢を重ねると、皮脂を分泌する「皮脂腺」の中で、脂肪酸(パルミトレイン酸)と過酸化脂質が増加します。この2つが結びついて連続的に酸化・分解されると、“におい物質”であるノネナールが発生します。

この原因物質であるノネナールを発見したのは、大手メーカーの資生堂です。20代〜70代と幅広い年代の男女のポロシャツに付着した成分を分析した際、40代以降から検出されたのがノネナールでした。今では普通に使用されている加齢臭という名称も、命名したのは資生堂です。

自分の加齢臭を把握するには

自分の加齢臭を把握するには

周囲の人のにおいに敏感でも、自分の加齢臭にはなかなか気づけない…というケースも少なくありません。自分のにおいをきちんと把握したいときは、なるべく皮脂が多く分泌されている部分のにおいを嗅ぎましょう。

例えば自分の枕のにおい、耳の周囲や首の後ろなどを清潔なティッシュで軽く拭い、そのにおいを確かめてみるだけでも分かるようになります。「加齢臭かな?」と思ったときは、このような方法でにおいをチェックしましょう。

加齢臭は人によって程度はありますが、男性だけではなく女性にも生じます。正しい知識を取り入れて、ご自身の健康を見直すきっかけにすることが大切です。

素肌をきれいな状態で維持したいとお考えの際は、「ゆらぎのせっけん」をお役立てください。石鹸は直接お肌に擦り込むように使用しますが、使い始めは毛穴に蓄積していた皮脂が出てくることもあります。

古い皮脂はにおいのもとですので、洗い漏れがないようにしてください。

加齢臭対策は清潔感から!毎日使う石鹸なら「ゆらぎのせっけん」

会社名 株式会社ゆらぎの
住所 〒452-0838 愛知県名古屋市西区長先町291−1
TEL 052-505-0268
FAX 052-505-1268
URL https://www.yuragino.co.jp/
ページのトップへ戻る