株式会社ゆらぎの

女性の多くが気になる頭皮の臭い…抑えるには?

毎日お風呂に入って頭皮を清潔にしていても、ふとした瞬間に「あれ?」と頭皮の臭いが気になることはありませんか?

悩む女性も多い頭皮の臭い…こちらでは、においを抑える日常ケア・対策について、ご紹介いたします。

頭皮の臭いが気になるとストレスに!対策は?

頭皮の臭いが気になるとストレスに!対策は?

プーンとした頭皮の臭いに気づいてしまうと、「周囲の人ににおいがバレていないかな」「お風呂に入っているのに洗浄できていない?」「においを抑えるには?」と、落ち着かない気持ちになってしまいます。

頭皮の臭いの原因は、頭皮環境が乱れている可能性が高いです。一度意識するとモヤモヤが生まれてしまい、自分でも気づかないうちにストレスを溜めてしまいます。自覚がない場合でも疲れやストレスは自律神経のバランスを乱しやすく、皮脂を過剰に分泌したり血の巡りを悪くしたりと、頭皮に様々な影響を与える可能性があります。

精神的なストレスが頭皮の臭いの原因になっている場合、日頃からできるだけストレスを溜めないようにリラックスタイムを設けたり、規則正しい生活を意識したりすることをおすすめします。

意外とできていない?入浴時のヘアケア

意外とできていない?入浴時のヘアケア

頭皮の臭いを改善するためには、シャンプー剤の選び方や洗い方も重要ですが、実はそれ以外の少しの行為が、においを抑えるサポートをしてくれます。

入浴前にはきちんとブラッシングする

髪を洗う前にブラッシングを行うと、1日で頭皮・髪に付着したゴミやホコリを取り除いたり、静電気による髪の毛の絡みを取ることができます。

また、スタイリング剤を使用している場合も、皮脂や汚れと一緒に浮かせることができ、落としやすくなります。

お湯の温度は38℃前後がベスト

熱めのお湯が気持ち良い…と感じる方も多くいらっしゃいますが、湯船やシャワーの温度は、大体38℃前後のぬるま湯が理想だと言われています。お湯が熱すぎると、頭皮に必要な油分まで洗い流してしまうおそれがあり、頭皮の乾燥を招いてしまいます。

予洗い・爪を立てない・指の腹で地肌を洗う

髪や頭皮を洗う前に、一度お湯でしっかりと予洗いを行うと、シャンプーが泡立ちやすくなります。その際、爪を立ててガシガシと擦り洗いすると頭皮を傷つけてしまうため、指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。

しっかりと洗い流すことが重要

シャンプー完了後に「これでOK」と思っていても、実は洗い流せていないことがあります。シャンプーの泡がなくなっても手触りがツルツルしている場合、流し足りていない証拠です。

シャンプー剤が残ったままだと、肌の荒れや髪の傷みの原因にもなるため、しっかりと洗い流す必要があります。

お風呂上りのきれいな髪の毛・頭皮を守りたいときは、日々のヘアケアに意識して取り組み、日常でリラックス時間を設けるようにしましょう。

ゆらぎ乃石鹸は髪の毛に使える石鹸で、天然クレイを配合しているのが特徴です。この機会にお役立てください。

全身に使用できる自然派石鹸で頭皮の臭いを抑える

会社名 株式会社ゆらぎの
住所 〒452-0838 愛知県名古屋市西区長先町291−1
TEL 052-505-0268
FAX 052-505-1268
URL https://www.yuragino.co.jp/
ページのトップへ戻る